熱中症の時にはどんな対処が必要になるか

熱中症の時にはどんな対処が必要になるか

冬にはインフルエンザの患者やノロウイルス感染の患者の数などが報道されます。
夏になると増えているのが熱中症で搬送される人です。
あくまでも搬送される人なので、かなり危険な状態になっている人と言えます。
実際にはかなり多くの人が熱中症になっているのでしょう。
なぜ熱中症になるかを知っておきましょう。
夏になると非常に気温が高くなります。
人の体温も上がりますが、調節のために汗をかきます。
汗がうまくかければ体温は上がりすぎません。
しかし何らかの事情で汗が出なかったり体温が下がらない状態になります。
体がだるくなり、力が入らず倒れてしまいます。
外を歩いている時だけでなく、室内などでも起きます。
医療的な措置としては、まずは体を冷やす必要があります。
涼しくて風通しのいいところに移し、衣服を緩めます。
意識があるなら経口補水液や水で薄めたスポーツドリンクなどを飲ませます。
その他脇や股関節など大きな血管が通る部分をペットボトルなどで冷やすと良いとされます。
氷だと冷えすぎるので注意しましょう。